村上春樹の好きな小説は、最も無力な第一の愛の後ろに隠されています



あなたが最初の愛と再会するなら、あなたは彼/彼女に何を言っていますか?

いくつかのxiaonianqingは「ボウル」と成熟した人は、おそらく言うかすかことを嘆いたかもしれない「川や湖で自分自身を忘れるよりも、お互いに。」

それが後悔であろうと解放であろうと、シーンはほとんど暖かいです。

しかし、別の大きな作家がいます。彼が最初の愛と再会したとき、他の人は彼に尋ねました。「あなたの作品には、どの女性の試作品がありますか?

彼はアルコールでいっぱいで、彼女の目を眺めて言った、 “あなたは何と思う?”

この失礼な酒飲みは、アメリカのジャズ時代の最も有名な作家であるThe Great Gatsby、Fitzgeraldの作者です。

村上春樹は言った:「フィッツジェラルドは、」華麗なるギャツビー「は、私が唯一のフィクションの本を読むことができれば、その後、私は選択することを躊躇しないだろう、私の人生の不可欠な部分です。」グレートギャツビー。

この物語はドラマ、その映画化によると、村上春樹の弟、アーネスト・ヘミングウェイ、サリンジャーがアムウェイにも夢中だった、これまでに1925年から発行され、「華麗なるギャツビー」のファンは非常に文学の世界の後に求められていたよりも多くのことができますそれはまた耐え忍んでいる。

Continue Reading

What is good about Pride and Prejudice?



There is a different interpretation of a work “what is good”: or a serious exploration of what works well, or rather a simple negation, that is, nothing good. Both arguments are to ask where is good.

What I want to talk about here is a novel from the early 19th century in Britain, Pride and Prejudice. The author, Jane Austen, is a family that cannot be ignored in the history of Western novels, and has received more and more attention in recent years.

Her readers are interested in studying what works for her work; people who can’t appreciate her often have to ask her what works.

“Pride and Prejudice” knows more people in my country; I have read the original translation of the original text, have read the film adapted from the novel without reading the translation, and at least know a story.

Continue Reading